シャーペンのおすすめ人気ランキング20選【2017年】

f:id:akihiro5:20171124223326j:plain
かっこいいデザインのシャーペンを買うと、かっこいいデザインのシャーペンを使いたいという思いが生まれ、誰しもが勉強に本気で取り組むようになります。このような流れがあるので、これから本気で勉強に取り組もうと思っている人は、デザインがかっこいいシャーペンを買いましょう。そうはいっても、かっこいいデザインのシャーペンは一本1000円から20000円するので、貧乏人には手が出なかったりします。

貧乏で高いシャープペン[1000円以上]には手がでないよーと言う人は、500円のぺんてる シャープペン グラフギア500 0.3mm PG513がおすすめです。このペンテルグラフギアは、デザインもかっこよく、手へのフィット感もよい製図用のシャープペンで、デッサンや製図を書いたりすることにも使えるので、用途の幅が普通のシャープペンの何倍も広くなっています。今回は、シャーペンのおすすめ人気ランキングについて書いていきます。

自分がシャーペンを買う時に大切にしているポイント。

自分がシャーペンを買うときに大切にしているポイントは、シャーペンが手にフィットするのか?+デザインが心の底からかっこいいと思えるか?+安くても性能が高いシャーペンかどうか?+メタリック系のシャーペンかどうか?+自分がまだ一度も使ったことがないシャーペンかどうか?+シャープペンを見た瞬間に魂を揺さぶられるかどうか+シャーペンが自分が求めている芯の細さに対応かどうか?+シャーペンが何年使っても壊れないくらい頑丈かどうかの7つ。

1.シャーペンが手にフィットするのか?

自分の場合、シャーペンが自分の手にフィットしなければ、どれだけかっこいいシャーペンであっても、使う気にはならないので、シャーペンが自分の手にフィットするかどうかを一番大事。この要件を満たすシャーペンは、ドクターグリップとグリップが重圧なシャープペン全般のみしかないので、基本的にはグリップの太いシャープペンしか自分は購入しません。

2.デザインが心の底からかっこいいと思えるか?

自分の場合、このデザインがかっこいいと思うことができれば、グリップが太くないシャープペンでも買うことが多いですが、シャーペン購入後に自分の手にフィットしないという理由でデザインが気に入ったシャープペンを一度も使わないで終わってしまうことも多いです。一度もシャーペンを使わないで終わるくらいならば、デザインがいいという理由だけでシャーペンを買うべきではないのですが、シャーペンのデザインがかっこいいと思っているときは、このシャーペンを使って勉強したいと思っているので、勢いでシャーペンを買ってしまうんですよね。

3.自分がまだ一度も使ったことがないシャーペンかどうか?

自分の場合、まだ一度も使ったことがないシャーペンの値段が100円だと、[このシャーペンは100円だし、試しにこのシャーペンを使ってみるか]と思い、勢いで100円の使ったことがないシャーペンを購入してしまうことがある。こういう感じで購入したシャーペンを一回か二回使うと、もうこのシャーペンは使わなくてもいいかなと思い、100円で購入したシャーペンを押入れに閉まってしまうことを自分はよくやる。自分のようなシャーペンを無駄にするような行為を防ぐには、最初から心の底から欲しいと思えるシャーペンを買うしかない。

4.シャープペンを見た瞬間に魂を揺さぶられるかどうか?

自分の場合、シャーペンを見て魂を揺さぶられるほどに欲しいと思ったら、シャープペンの値段が高かろうが安かろうが、シャープペンを購入してしまいます。こういう感じで購入したシャーペンを二年くらい使うと、他のシャーペンを使いたいという思いが出てきて、自分の魂を揺さぶったシャーペンを押入れの中にしまうことを自分はよくやる。自分のように、同じシャーペンを使うことに飽きる人は、シャーペン購入でお金を無駄に消費しないためにも、100円シャーペンのみを使う用に使用。

5.シャーペンが自分が求めている芯の細さに対応かどうか?

自分の場合、0.3の芯のシャープペンシルを使うことが好きなので、基本的には0.3芯対応のシャーペンしか購入しません。どうして、0.3の芯のシャーペンしか利用しないのか?という理由については、文字の線が細くなるので、字がきれいに見える+芯が折れないように力をコントロールする作業が楽しい+0.3の芯に対応しているシャーペンのデザインが好きの3つ。

6.シャーペンが何年使っても壊れないくらい頑丈かどうか?

どれだけ、値段が高いシャーペンであっても、一ヶ月利用しただけで壊れる脆いシャーペンはゴミと発言せざる終えません。逆に、値段が低いシャープペンであっても、何年もシャーペンを利用することができれば、最高のシャーペンと言えるでしょう。この二つの事実から判断するに、最高のシャーペンを利用したい人は、安くて頑丈なシャープペンを利用する用に使用。

シャーペンのおすすめ人気ランキング20選【2017年】

第1位 パイロット シャープペン ドクターグリップ 

パイロット シャープペン ドクターグリップ HDG-50R-MS5 0.5mm メタリックシルバー

新品価格
¥381から
(2017/11/24 22:37時点)


やっぱり一位は、グリップを握ったときのフィット感が最高のドクターグリップのメタリックシルバー。このモデルのドクターグリップも他のシャープペンの台等すると同時に、文房具屋さんから姿を消していき、近所の文房具屋さんではドクターグリップが手に入らなく成りました。ほんまに、ドクターグリップ好きの自分からしたら残念でしかありません。

ドクターグリップを使うメリットは、最高クオリティーを誇るシャーペンだというのに、500円という低価格で購入する事ができる+ドクターグリップはどのシャープペンよりもデザインがかっこよい+シャーペンを振るだけで、芯が出て来る+ドクターグリップは頑丈のシャーペンなので、最長5年は利用することができるの4つ。

第2位  ぺんてる シャープペン グラフギア1000

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm

新品価格
¥450から
(2017/11/24 22:38時点)


やっぱり第二位は、デザインが超メタリックでイケてるぺんてる シャープペン グラフギア1000。このシャーペンは今も昔も多くの人が利用しているので、大手ショッピングセンターの文房具置き場で今もなお発売されている。ほんまに、このシャープペンを久しぶりに文具置き場で見ると、欲しいという気持ちが抑えられなくなって衝動買いしてしまいそうになる。

自分がぺんてる シャープペン グラフギア1000 を使う理由は、グラフギアは製図用のシャーペンだというのに、800円というお手頃価格で購入することができる+グラフギアのシャーペンは近未来のロケットのようなデザインをしており、デザインがCOOL+グラフギアは製図用シャーペンとしてだけではなく、普段勉強する用のシャーペンとしても利用できる+グラフギアは0.5mmの芯に対応しているので、0.5mm芯が無くなったら0.5mmの芯をコンビニで買うことができるの4つ。

第3位 ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック

新品価格
¥550から
(2017/11/24 22:42時点)


やっぱり第三位は、デザインがシンプルで、グリップの掴み心地が最高の ぺんてる シャープペン スマッシュ 。このシャープペンは、グラフギアよりもシャーペンが軽く、長時間シャーペンを利用しても手が疲れることがないことが評価されて、アマゾンのベストセラー商品に輝いている。

自分がぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラックを使う理由は、スマッシュのシャーペンを利用すれば、手に疲れを感じることなく、すらすらと文字や製図を書くことができる+スマッシュのシャープペンは、デザインが22世紀からやってきた侵略者という感じがしており、デザインがCOOL+シャーペンの芯の硬度表示を設定することができるので、今自分が使っている芯の硬度がわからなくなることがないの4つ。

第4位 ステッドラー シャープペン

ステッドラー シャープペン 製図用 925 05 0.5mm

新品価格
¥361から
(2017/11/24 22:43時点)


やっぱり第4位は、シャーペンの重さがとても軽く、グリップの強度が奇跡の硬さになっているステッドラー シャープペン 製図用 925 05 0.5mm。このシャーペンは、販売価格がたった361円だというのに、ユーザーが必要としているものがすべて詰まっていることが評価されて、アマゾンのベストセラー商品に輝いている。

自分がステッドラー シャープペンを使う理由は、製図用シャープペンの部類の中では、一番安値であり、一番性能に優れているので最高のコストパフォーマンスを誇る+ペン先のトンガリが頑丈であり、普通に使っていれば、トンガリが曲がることが殆ど無い+10時間以上ステッドラー シャープペンを使って勉強していたが、手に疲労感を覚えることがなかった+たった300円のシャープペンだというのに、硬度表記機能がついており便利の4つ。

第5位 三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル やわらかめ 太いモデル

三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル やわらかめ 0.5 ブラック M5617GG1P.24

新品価格
¥390から
(2017/11/24 22:43時点)


やっぱり第5位は、グリップにゲルが使われていることで、独自のグリップの握り心地を醸し出すことに成功した三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル やわらかめ。このシャーペンは、販売価格がたった378円だというのに、グリップにゲルを用いることで、他のシャーペンでは考えられないほどの握り心地を実現することに成功した良品。

自分が三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル やわらかめ をつかう理由は、ユニアルファゲルのゲル内蔵グリップを握ったときの手とのフィット感が最高+ユニアルファゲルは、シャーペンを振ると芯が出てくるという機能も搭載している+このユニアルファゲルのシャープペンを利用して、長時間文字を書いても、あまり指がつかれない+ユニアルファゲルは、シャーペン自体が頑丈にできているので、シャーペンによほどの衝撃を与えない限りは壊れないの4つ。

第6位 三菱鉛筆 シャープペン クルトガ

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ 0.5 グリーン M54501P.6

新品価格
¥312から
(2017/11/24 22:44時点)


やっぱり第6位は、シャーペンの先の芯が常に尖り続けることが売りの三菱鉛筆 シャープペン クルトガ 0.5 。このシャープペンは、販売価格がたった400円だというというのに、内部に搭載したギアが回り続けることにより、常に尖った芯を利用することができるので、常に線が細くてキレイな字をノートに書けるのだ。

自分が、三菱鉛筆 シャープペン クルトガ 0.5 を使う理由は、クルトガはシャーペンの重さが軽く、持ち運ぶのが便利で、長時間シャーペンを利用しても手が疲れない+クルトガは、利便性に特化したシャーペンだというのに、400円という低価格で手に入れることができる+クルトガのシャーペンのデザインの身軽でシンプルなところが好きの3つ。

第7位 ゼブラ シャープペン デルガード

ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx 0.5 レッド P-MA86-R

新品価格
¥556から
(2017/11/24 22:46時点)


やっぱり第7位は、卓越したデザインでシャーペンの芯が折れにくいことが売りのゼブラ シャープペン デルガード 。このシャーペンは販売価格がたった500円だというのに、他の製図用シャーペンよりも使いやすさが抜群なことが評価されて、アマゾンレビューで★5の評価を獲得することに成功している。

自分が、ゼブラ シャープペン デルガード を使う理由は、世界トップクラスと言っても過言ではないほど、シャーペンのデザインが洗練されている+シャーペンにかなりの筆圧を与えても、シャーペンの芯が折れることが殆ど無い+シャーペンの芯がつまることがないので、シャーペンの芯詰まりを治すことに時間をトラれなくても済む+シャーペンが軽量化されているので、長時間シャーペンを利用しても、手があまり疲れないの4つ。

第8位 パイロット シャープペン オートマック

パイロット シャープペン オートマック HAT-3SR-B ブラック

新品価格
¥2,199から
(2017/11/24 22:47時点)


やっぱり第8位は、近未来的なデザインで、シャーペンの芯が自動で出ることが売りのパイロット シャープペン オートマック。このシャーペンは販売価格が2280円するだけあって、1000円シャーペンよりもありとあらゆる面で優れていることが評価されて,アマゾンレビューで★5の評価を獲得することに成功している。

自分がパイロットシャープペンオートマックを使う理由は、オートマックはシャーペンの芯が自動で出るので、シャーペンの芯を出すために、カチカチやることに消耗しなくてもすむ+オートマックシャーペンのデザインは重量感があり、重戦車という感じがしてとてもかっこいい+オートマックは、シャーペンの作りがシンプルに作られているので、新詰まりという最悪の事態が起こらないの3つ。

第9位 ぺんてる マークシートシャープ

ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯 AM13-B

新品価格
¥209から
(2017/11/24 22:47時点)


やっぱり第9位は王者ぺんてるが発売しているぺんてる マークシートシャープ。このシャープペンは、マークシートを効率よく塗りつぶすために、シャーペンの芯の太さを1.3mmとしているマークシート専用物なので、マークシート試験以外のことに使うことには向いていない。

自分がぺんてる マークシートシャープを利用する理由は、自分は資格マニアなこともあり、マークシート式の資格試験を受ける時に、マークシート専用のシャープペンであるマークシートシャープをよく使う+マークシートアップの芯は1.3mmの太さとなっており、シャーペンの芯が太いため、相当な筆圧にも耐えることができる+シャーペンの芯が太いだけあって、シャーペンの芯の消耗が遅いの3つ。

第10位 Pilot ドクターグリップ NEWモデル

パイロット シャープペン ドクターグリップ HDGS-60R9-B ブラック

新品価格
¥492から
(2017/11/24 22:49時点)


やっぱり第10位は、グリップの握り心地が最高で、シャーペンを振るだけで芯が出てくるPilot ドクターグリップ NEWモデル。このシャーペンは、旧ドクターグリップよりも、シャーペンのデザインが近未来的になっているので、古い型のドクターグリップを利用するのに、飽きてきてしまった人におすすめ。
 
自分が Pilot ドクターグリップ NEWモデルを利用する理由は、旧型のドクターグリップが近くの文具屋で販売されていないので、仕方なくNEWモデルのドクターグリップを使っている+ドクターグリップのグリップの握り心地が良い+ドクターグリップを利用して、何時間も文字を書き続けても、手が疲れることがほとんどない+自分が最初に使ったシャーペンがドクターグリップなので、ドクターグリップにはとても愛着があるの4つ。

第11位 Pilot S10

シャープ エステン/S10 0.5mm【透明ブラック】 HPS1SRTB5

新品価格
¥771から
(2017/11/24 22:49時点)


やっぱり第11位は、0.4mm対応のPilot S10。この0.4mm対応のシャーペンは、0.4mmの細い線でキレイな製図を書くことができることがアマゾンユーザーに評価されて、アマゾンレビューで★4~★5の評価を獲得することに成功している。自分も、細い文字でノートをキレイに書きたいときは、Pilot S10を利用することにしている。

自分がPilot S10を利用する理由は、Pilot S10は、細い線で字を書くことができるので、多少字が下手でもキレイな字に見える+Pilot S10は、グリップに金属を利用しているので、グリップをしっかりと握りことができる+Pilot S10は、値段が1000円ほどのシャーペンなのに、細い線できれいな製図を描くことができるの3つ。

第12位 三菱鉛筆 ユニアルファゲル の細いモデル 0.3対応

三菱鉛筆 シャープペン ユニアルファゲル スリム 0.3 ホワイトピンク M3807GG1PW.13

新品価格
¥560から
(2017/11/24 22:54時点)


やっぱり12位は、0.3mm対応三菱鉛筆 ユニアルファゲル の細いモデル。このシャーペンは、シャーペン自体の重さが軽いこととグリップにゲルを利用することで、執筆中に手に掛かる負担を軽減させることができることがユーザーに評価されて、アマゾンレビューで★4以上の評価を得ることに成功している。

自分が三菱鉛筆 ユニアルファゲル の細いモデル 0.3対応を利用する理由は、ユニアルファゲルの唯一の欠点であったシャーペンが重いという要素が改善されて、シャーペンが軽くなり、執筆中に手に疲労を感じることが無くなった+0.3の芯に対応しているので、メモやノートがキレイに取れる+シャーペンのデザインがとにかくかっこいいの3つ。

第13位 コクヨ 鉛筆シャープ

コクヨ 鉛筆シャープ 芯径1.3mm 黒 PS-P101D-1P

新品価格
¥107から
(2017/11/24 22:55時点)


やっぱり13位は、コクヨ 鉛筆シャープ。このシャーペンは、シャーペン自体が軽く、鉛筆で字を書く感覚でシャーペンを利用することができることがユーザーの心を掴み、アマゾンレビューで★4以上の評価を得ることに成功している。

コクヨの鉛筆シャープを自分が利用している理由は、0.7mmに対応しているので、よほどの筆圧をいれないとシャーペンが折れることがない+鉛筆を利用している感覚でシャーペンを利用することができる+これほどまでに使い安いシャーペンだというのに、販売価格が500円ほどに抑えられているの3つ。

第14位 ゼブラ エアーフィット

エアーフィット 0.7mm【ライトブルー】 BA9-LB

新品価格
¥225から
(2017/11/24 22:56時点)


やっぱり14位は、ゼブラ エアーフィット。このシャーペンはグリップ内に空間を儲けることによって、グリップを握ったときに最高の握り心地を実現することに成功していることがユーザーの心を掴み、アマゾンレビューで★4以上の評価を得ることに成功している。

ゼブラのエアーフィットを自分が利用している理由は、たった200円という低価格だというのに、最高の握り心地を実現している+たった200円のシャーペンとは思えない近未来的なデザインをしている+シャーペンがかなり頑丈に作られているので、多少の衝撃ではシャーペンが壊れないの3つ。

第15位 プラチナ万年筆 オ・レーヌ シールド

プラチナ オレーヌ シールド シャープペン シルバー 2868099

新品価格
¥158から
(2017/11/24 22:56時点)


やっぱり15位はプラチナ万年筆 オ・レーヌ シールド。このシャーペンはかなり強い筆圧の人が使っても、シャーペンの芯が折れることがないので、筆圧が強い人にこそ利用してもらいたい品。

プラチナ万年筆 オ・レーヌ シールドを自分が利用している理由は、たった300円というお手頃価格のシャーペンだというのに、グリップの握り心地もよく、長時間シャーペンを利用しても手があまり疲れない+ オ・レーヌ シールドは、多少の筆圧ではシャー芯が折れない設計になっているので、シャー芯が折れる回数が少なくなり、シャー芯の減りが遅い+シャーペンのデザインがザ古代的という感じがしていてクールの3つ。

第16位 ぺんてる オレンズラバーグリップ付き

ぺんてる シャープペンシル オレンズラバーグリップ付き XPP603G-F オレンジ軸 0.3mm

新品価格
¥416から
(2017/11/24 22:57時点)


やっぱり第16位は、ぺんてる オレンズはシャー芯が折れない頑丈の作りになっているシャーペン。このシャーペンは、シャーペンの先に凄まじい力を加えても、シャー芯が折れないことがユーザーに評価されて、アマゾンレビューで★5の評価を獲得している品。

ぺんてる オレンズラバーグリップ付きを自分が利用している理由は、オレンズはシャー芯が折れないシャーペンなので、シャー芯が折れてイライラするという事態を防ぐことができる+オレンズはシャーペンの色がオレンジ色なので、オレンジ色のシャーペンを見ているだけで幸せになることができる+オレンズのラバーグリップのお陰で、長時間執筆していても手があまりつかれないの3つ。

第17位 プラチナ プレスマン シャープペン

プラチナ プレスマン シャープペン 速記用0.9mm芯2B 2105010

新品価格
¥159から
(2017/11/24 22:58時点)


やっぱり17位は、プロの漫画家や小説家向けに作られたプラチナ プレスマン シャープペン。このシャーペンは、シャーペンの重さが軽く、10時間以上執筆を続けても手が疲労することもないことが、ユーザーに評価されて、アマゾンレビューで★4以上の評価を得ることに成功している品。

プラチナ プレスマン シャープペンを自分が利用している理由は、プレスマンシャーペンを利用して文章を書く時に限り、パソコンで文章を打ち込むよりも早いスピードで文章を書くことができる+プレスマンのシャーペンが軽いおかげで、文章を書いているときに手が疲れてきたなあという気持ちにならなくても済む+シャーペンのデザインが昭和っぽいのが最高の3つ。

第18位 トンボ鉛筆 シャープペン モノグラフワン

トンボ鉛筆 シャープペン モノグラフワン 0.5 DCD-121A モノカラー

新品価格
¥192から
(2017/11/24 22:59時点)


やっぱり第18位は、MONOブランドの5センチの消しゴムが搭載されているトンボ鉛筆 シャープペン モノグラフワン。このシャーペンは、通常のシャーペンでは考えられない品質の消しゴムMONOが搭載されており、消しゴムを持っていない時もスムーズに間違った文字を消すことができることがユーザーに評価されて、アマゾンで★5以上の評価を受けることに成功している。

トンボ鉛筆 シャープペン モノグラフワンを自分が利用している理由は、 モノグラフワンは、たった200円のシャーペンだというのに、超高級消しゴムMONOを搭載している+ モノグラフワンは、MONO消しゴムをシャーペンに搭載してくれているので、消しゴムをシャーペンと一緒に持ち歩く必要がなくなり、消しゴムを無くすという事態を防ぐことができる+上からカチカチするタイプのシャーペンではなく、グリップの横をカチカチするタイプのシャーペン。

第19位 三菱鉛筆 クルトガ 第二世代

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.5 ホワイト M510121P.1

新品価格
¥615から
(2017/11/24 22:59時点)


やっぱり第19位は、クルトガの第二世代モデルのシャープペン。このシャープペンは、クルトガのノーマルモデルのパワーアップバージョンであり、シャーペンの外見にも高級感があり、シャーペンの芯を常に尖っている状態で利用できる仕組みが備わっていることがユーザーに評価されて、アマゾンで★5以上の評価を受けることに成功している。

三菱鉛筆 クルトガ第二世代モデルを自分が利用している理由は、クルトガは0.5mmの芯で書いているとは思えない程の細さで文字を書くことができる+クルトガ第二世代は、これぞ大人の男性が使うシャーペンという感じがあるので、大人が利用していても恥ずかしくない+安心安全のクルトガブランドがあるので、シャーペンはクルトガ使っておけば良いという思いがあるの3つ。

第20位 ゼブラ ニュースパイラルCC シャープ

ゼブラ シャープペン ニュースパイラルCC クリアオレンジ MA51-COR

新品価格
¥373から
(2017/11/24 23:00時点)


やっぱり第20位は、ゼブラのニュースパイラルCC シャープペン。このシャープペンは、三角ラウンド形状グリップを採用することで、指からペンに力を的確に伝えることができるので、最低限の力のみを使って字を書けるとが大多数の人に評価されて、ゼブラ ニュースパイラルCC シャープはアマゾンで★5の評価を受けることに成功しています。

ゼブラ ニュースパイラルCC シャープを自分が利用している理由は、シャーペンのデザインがザ・スパイラルという感じがしていてかっこいい+三角グリップが自分の手に最高にフィットするので使いやすい+シャーペンがゴツイフォルムになっていて、頑丈な作りになっているので、かなりシャーペンを雑に扱ってもシャーペンが壊れることがない。

第21位 トンボ鉛筆 シャープペン オルノ

トンボ鉛筆 シャープペン オルノ SH-OL57 シトラス

新品価格
¥219から
(2017/11/24 23:00時点)


やっぱり第21位は、トンボ鉛筆 シャープペン オルノ。このシャーペンは、グリップを折るとシャー芯がでてくるという仕組みとなっているので、新感覚のシャーペンを使ってみたいと思っている人におすすめです。

トンボ鉛筆 シャープペン オルノを自分が利用している理由は、オルノシャーペンのグリップを折り曲げると芯が出て来るシステムが斬新で面白い+シャーペンのボディに自分の好きな色の水色と黄色が使われている+グリップが長いシャーペンなので、グリップ以外の硬い場所に指が接触して、痛いと感じなくても済むの3つ。

第22位 ステッドラー グラファイト762 サイドノックシャープペンシル
f:id:akihiro5:20171124230315j:plain
やっぱり22位は、ステッドラー グラファイト762 サイドノックシャープペンシル 。このシャーペンはグリップの再度にあるボタンを連打するだけで、シャー芯がでてくるので、利便性がかなり高い。この利便性の高さがユーザーに評価されて、ステッドラー グラファイト762 は、アマゾンで★4以上の評価を得ることに成功している。

このステッドラー グラファイト762 サイドノックシャープペンシル を自分が使っている理由は、サイドノック式のシャーペンの中では、ステッドラーグラファイト762が一番軽い+シャーペンが金属で作られているだけあって、シャーペンが折れて壊れることがほとんどない+スペックがかなり高いシャーペンだというに、販売価格が1000円以下なので、使い勝手がよいの3つ。

最後に、
ドクターグリップが一番最高。

関連記事
zibunsagashi.hatenablog.com